メニュー

西原のお祭り限定泡盛のご案内

2015/10/27

みなさんこんばんは♪
産業祭りで泡盛をたくさん購入されましたか?
泡盛倉庫でもしっかり仕入れさせていただきましたよ♪

そして、産業祭りだけでなく土曜日曜には西原町のお祭りも開催され西原町の泡盛メーカー【石川酒造場】さんが限定の泡盛を販売していましたので、今回はその銘柄をしっかり解説していきたいと思います♪

c50b6c1900b50be59901c3fe8b2df1f9d9fd0f80-thumb-500xauto-107

ひとえに泡盛と言えど、焼酎のような感覚で楽しめるものから、ウィスキーやブランデーの様にロックやストレートで味わえるものまで多種多様な世界が存在します。
そして今回ご案内する銘柄【甕仕込泡盛 玉友 11年甕貯蔵限定古酒 44度】はまさに、ストレートで味わっていただきたい、貴重な銘柄です。

○ 味わい・飲み方
ぜひ最初は小さな杯やワイングラスに少量注ぎ、ストレートで味わっていただければと思います。時間と共に穏やかに甘い香りか立ち、飲む感覚より鼻に抜ける余韻なども含めて五感で楽しんでいただけましたら幸いです。

○ シチュエーション
晩酌向けの泡盛で、肴には冬瓜漬け、チョコレートや、ナッツ等、濃厚な味わいのものがよりお互いを引き立たせてくれるでしょう。
もちろん、氷を溶かしながら楽しんだり水割りなどでも美味しく味分けますが、氷を入れて楽しむ場合は泡盛の量を入れすぎないことがポイントで、大きめの氷に泡盛を垂らして氷を溶かしながらがお勧めです。

○ 酒造紹介
蔵 石川酒造場株式会社
創業 1949年、泡盛のメッカ首里にルーツを持つ蔵で、昔ながらの製法、甕で仕込み甕で寝かせる【甕仕込泡盛】を唯一守り続けるこだわりの泡盛酒造です。
※他3蔵元ほど近年甕仕込み泡盛を販売していますが、主力ではないので【主力ブランド】【創業から変わらず続けている】という点でも唯一と言って良いかと思います。

《代表銘柄》玉友(ぎょくゆう)、うりずん、島風、さわふじ・・・玉は最高の意。最高の友と飲む酒であって欲しいと願いがこめ名づけられました。

○ もう少し深くご紹介
分かりづらさも生んでいて賛否両論ありますが泡盛は限定品が多く存在します。
人と同じように時間と共に成長し、また熟成する環境も甕や、タンク、樽等、様々、さらにどの甕で寝かせるかでも成長の違いはでてきます。

今回の限定酒は二年に一回の地元のお祭りのために熟成中の甕の子たちを味見し、より良いものを60本のみ瓶詰めしてお祭りで販売された特別な古酒といえるでしょう。

以上

いつもよりレポートっぽく簡潔にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
ご来店の際はぜひおためしくださいね。

今宵も西原のお祭り限定古酒と共にみなさまのご来店楽しみにお待ちしています。

泡盛倉庫
比嘉康二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


電話でご予約・お問い合わせタップで電話がかかります
PageTop