メニュー

泡盛倉庫でのお食事~ミヌダル~ 包丁人 比嘉直子

2019/01/30

皆さま、まずは…自己紹介から致します。

 

比嘉直子プロフ写真

私は泡盛倉庫の料理を担当しております

【包丁人】 比嘉 直子 と申します。

 

【包丁人】という肩書きの理由は…。

包丁人とは、琉球王朝時代に王様のお料理を作る役職のこと。

宮廷料理を作り、お客様をおもてなししていることから、お客様が王様、お姫様ということになりますね。

 

王様、お姫様の為に、心を込めて美味しいお料理をお作りしますので、宜しくお願い致します♪

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回は、宮廷料理の【ミヌダル】のご紹介を致します。

 

ミヌダルと聞いて、皆さんは何を想像されますか?

 

んー。難しい質問ですね。すみません。

ミヌダル盛り付け

ミヌダルとは、豚肉の上に黒ごまのペーストをのせて蒸したお料理です。

お味は意外にあっさりです。

黒ゴマをたっぷりと摂取でき、豚肉も蒸し上げるので、ヘルシーな一品です。

栄養価の高い黒ゴマもたっぷりいただけるので、健康&美容にもってこいの逸品です。

\(^^)/

 

ミヌダルの語源は、沖縄の方言で

ミヌ【簑】/ダル【タレ】を表しています。

 

まだ…良く解らないですね。(>_<)

 

蓑(ミノ)は昔の人が使っていた雨具のこと。

※昔話でお地蔵さんがつけてたり、百姓がつけてるイメージがあります。

ダルは、タレのこと。

 

つまり、タレに漬け込まれた黒ごまが簑の様にお肉を覆っているので【ミヌダル】といいます。

 

ミヌダル仕込み図

 

東道盆(トゥンダーブン)は、「東道(遠方から来た来客)」をおもてなしする際に使われた「盆(器)」のことで、中国から伝わったとされています。朱色の琉球漆器で、見た目が豪華なため、中の料理も相応に趣向を凝らした逸品が盛られたとか。

 

【ミヌダル】はそのひとつで、他に花イカ、昆布巻き、魚の天ぷら、豆腐窯、かまぼこ、田芋など計7種の宮廷料理を華やかに盛りつけ、客人をもてなしたといわれています。

 

お客様のJ.Hさんからお写真いただきました。

泡盛倉庫に来店した際は是非、【ミヌダル】を召し上がって下さい♪

皆様のご来店お待ちしております。

泡盛倉庫

包丁人 比嘉直子

ーーーーーーーーーーーーーー

ミヌダルの他にも宮廷料理、琉球料理を作っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


電話でご予約・お問い合わせタップで電話がかかります
PageTop