メニュー

お食事のご紹介 ジーマーミ豆腐

2019/05/30


皆さん、包丁人からお料理のご紹介をいたします。


今回のお料理は【ジーマーミ豆腐】です。
皆さん、ジーマーミ豆腐はご存知でしょうか。


まずは、ジーマーミ豆腐の語源からご説明致します。


ジーマーミとは、【落花生】のことをいいます。


「落花生」という名前はもともと漢名です。
花がしぼんだ後、花先の頭が垂れて土の中に潜り込み、そこに実が成るため、「花が落ち、生まれる(実が生まれる)」という意味で【落花生】と名付けられたようです。


「ジーマーミ」とは、沖縄の方言で「ジー」が「地」、「マーミ」が豆のことで、「地豆(じまめ)」→「地面の豆」。


生命の成り立ちの様子をそのまま名前にしたのですね。
(^^)


「豆腐」という漢字が記述されたのは、鎌倉時代の日蓮上人の書状(1280年)からだそうですが、実は古くから中国では「腐」には「腐る」という意味はなく「ブヨブヨしたもの」(コロイド状)という意味があります。 豆腐は豆が腐ったから「豆腐」と名付けられたのではなく、豆を加工してブヨブヨしたものだから「豆腐」なのです。


言葉ひとつひとつに、ちゃんと意味があるのですね。
(^_^*)


豆腐と言いつつ、大豆やにがりは一切使っておらず、生のピーナッツをすり潰し、こしたものを芋くずで固めたもので、ごま豆腐にも似ていますが、もっと“もっちり”としていて、口に入れるとピーナッツの風味が広がります。


それでは、作り方をご紹介致します。


1.ジーマーミを洗って、水に浸しておきます。



2.ミキサーで1のジーマーミをミキシングします。


3.鍋に絞り布を置き、ミキサーから布へ移します。


4.絞り布に入れたジーマーミを力強く絞ります。


5.絞ったジーマーミに、芋クズなど水で溶いたのを合わせます。


6.鍋に入ったジーマーミをよく混ぜて、固まりが出るまで混ぜ続けます。
【手を止めると焦げるので、ひたすら混ぜます。】


7.完成したら、容器に移し容器を水に浸して冷まします。
冷まったら冷蔵庫に入れて完成です♪


興味がある方は是非作ってみて下さいね。
\(^^)/


ジーマーミには、美肌や若返り効果で注目のビタミンEも多く含んでいるので、女性には嬉しいデザートなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話でご予約・お問い合わせタップで電話がかかります
PageTop